グローバル行動規範

信条

私たちは、お客さま・従業員・株主・取引き先・地域社会に対し、常に実直・誠実・公正・敬意の姿勢をもって接します。
下記行動規範は、カルソニックカンセイグループ(以下、CK)に働く全ての従業員に適用となります。また、我々一人一人はこの行動規範をしっかりと維持・改善していく責任があります。

グローバル行動規範

1-法律・ルールの遵守

CKの従業員は、事業活動を行う全ての国の法律、全ての会社のルールを遵守します。

2-利益相反行為の禁止

従業員が心がけるべき最も重要なことはCKの利益です。会社の利益に反して、行動・活動すること、あるいは情報を使用することは禁じられています。

3-会社資産の保護

CKの従業員は会社のあらゆる資産、資金、情報及び知的財産を維持し、保護する責任があります。許可なくこれらを使用または流用することは禁じられています。

4-公平・公正な関係

CKの従業員は取引き先(部品メーカー、その他の関係先等)と、公平かつ公正な関係を維持していかなければなりません。

5-透明性と説明責任の確保

CKの従業員は、株主、お客さま、他の従業員、地域社会等の関係者に対し、企業活動に係る情報を、公正性と透明性をもって、適時・適切に開示します。

6-多様性の尊重と機会平等

CKは、従業員、取引き先、お客さま、及び地域社会の多様性を評価・尊重します。また、差別やいやがらせは、どんな形・程度にせよ容認されるべきではありません。

7-環境保護

CKの従業員は、製品を開発し、サービスを提供する際、事業目的の範囲内で環境保護を考慮しなければなりません。あわせてリサイクル・省資源・省エネルギーの推進に努めなければなりません。

8-実践・報告の義務

CKの従業員は、この行動規範に従い、業務を遂行することを期待されています。また、行動規範の違反を察知した場合には、速やかにその旨を報告する義務を負っています。その際、当該従業員は報復を受けることのないよう保護されます。